So-net無料ブログ作成
にしおかすみこ ブログトップ

にしおかすみこが落語家デビュー [にしおかすみこ]

(楽天)
にしおかすみこは有吉にくそつまらないって言われてましたね。
落語って女の人でもできるの?見たことない

女王様キャラで人気を博した女芸人のにしおかすみこ。
彼女が落語家デビューを果たした。昨今のお笑いブームにより次々と若手芸人が出てくる中、
いわゆる一発屋で終わる芸人も少なくない。女王様キャラでブレークした
にしおかも例外ではないだろう。しかし、厳しい落語の世界で
本当ににしおかはやっていけるのだろうか。

にしおかすみこ(ヤフオク)
が自身のブログで、落語を始めたと綴っている。昔から落語を
見るのが好きだったこともあり、落語家の春風亭小朝師匠に落語をやってみたいと
頼んだようである。そのかいもあって、春風亭小朝師匠の独演会の
前座をやらせてもらえることになった。

緊張しながら舞台に上がったのだが、出囃子が何と、にしおかがSMの
登場曲に使っていたものを、生三味線で弾いてくれたらしい。
テクノ調の曲を三味線で弾いてもらって出にくかったようだが、すごくうれしかったとも綴っている。

にしおかは、小朝師匠に「春風こえむ」という名前まで付けてもらった。
この名前をもらった時にさわやかで、かわいい名前だと思ったと綴っている。
しかし、この名前にはさわやかとは言えない言葉が隠れている。まず、
春風は春風亭の「春」と「風」、こえむの「こ」は小朝師匠の「こ」。ここまではわかる。

問題は最後の「えむ」だ。これは、どMの「えむ」ということらしい。
にしおかもこれを聞いて、ふざけていると思ったようだが、師匠に「落語をやる時は、
女王様キャラ封印で、振り幅がたくさんあるという意味」だと聞いて、ありがたいと思ったようだ。

引用:Techinsight Japan
レニーのデカボストン
ミッシェルクラン スコレール
ブレスサーモダウン シュラフ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
にしおかすみこ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。